ご挨拶


『ダイヤモンド工具で未来を創る』をテーマに一般社団法人 日本コンクリート切断穿孔業は
平成4年の創立以来、機能的で美しい街、人に優しい空間づくりに貢献するために、時代のニーズ
に合わせた新機種・新工法の情報交換を会員企業相互に行う活動を継続しています。

この切断穿孔の技術は50年あまり前より始まりましたが、当初は道路の新設・維持・補修工事に
特化しておりましたが、上下水道・都市ガスの普及や電気・通信網の地中化に加え
橋梁やビル等様々な構造物の改修・耐震化・補修工事にも寄与し発展してまいりました。

当協会は、IACDS(lntarnational Association of Concrete Drillers& Sawers)国際コンクリート切断・穿孔協会
に加盟をしており情報交換をしておりますが、日本の技術は環境への配慮・安全な施工という面において
世界に誇れる技術であると確信しております。この世界に誇れる技術で社会基盤整備を担うものとして、
これからも協会会員のみならず、加盟団体や他団体とも情報交換を積極的にすすめて継続又発展し社会貢献に
努めてまいります。

良いものは取り入れ、さらに良くして発信し業界全体で、時代のニーズに合わせた社会基盤整備に
取り組んでまいりたいと思っておりますので、関係各位におかれましては、引き続きご指導・ご協力を
賜わりますよう宜しくお願い致します。


日本コンクリート切断穿孔業協会 理事長


ご挨拶


当協会は、ダイヤモンド工具を用いたコンクリート構造物の切断・穿孔工法の普及改良に努め、安全で高度な技術を確立することにより、社会的貢献と会員相互の親睦を図ることを目的としています。


○事業活動

 当協会は、上記の目的を達成するため以下のような事業活動を行ってまいります。


1.技術情報の共有

ダイヤモンド工具を用いたコンクリート構造物の切断・穿孔工法の技術・提案力を確立し、技術の向上や新技術の開発に努めると共に会員相互で情報を共有します。


2.安全性の意識

今、建設現場では、より快適に・より安全に施工することが求められています。当協会では、建設作業に携わる全ての方々にコンクリート切断・穿孔工法の正しい施工方法や安全の重要性を周知し、安全と安心を提供するさまざまな取り組みを行なっています。


3.建設業界での地位向上

会員活動により、ダイヤモンド工具を使用したコンクリート切断・穿孔工事が優れた技術として認められ、積算資料の作成や安全講習会の開催によりダイヤモンド工法業界の存在が認知されております。コンクリート切断・穿孔工事の普及と改良を進め、更なる会員の地位向上に努めます。


4.環境に優しい技術

建設業界では騒音、振動、粉塵などの環境問題と常に背中合わせの状態で、その対策に苦慮していました。そこで、自然の環境を破壊することなく、人と環境にやさしい技術で未来の都市再生のために大きな力を発揮します。


5.ニーズに合った技術提供

コンクリート構造物は、老朽化が進んでおり社会問題となっております。老朽化を防ぐための補修工事や耐震免震工事をスピーディーに行い、優れた技術で被害を未然に防ぎ、安全・安心な社会作りに貢献しております。